健康志向を考慮した販促品選び

Posted on 17.1.20 By

健康志向な人が多くなっている現代、販促品に家族みんなが食べられる健康食品を利用するというのはいいアイデアです。ファイルやボールペン、付箋やLEDライトなど、オフィスで利用する商品などは企業などから販促品としてたくさん頂く、企業名が入っているボールペンなどは取引先に行く時など利用できないという場合も多く、健康食品やお菓子類など消耗品の方が喜ばれるという事もあります。

販促品を貰う時、家族のことまで考えてくれているんだなと思うと嬉しいものです。営業中の会話の中で、家族がいる事、子供がいることを覚えていてくれて、お子さんにどうぞとか、御家族で食べてくださいと健康食品などを貰うと、かなり印象に強く残ります。そうした商品を販促品として利用していくことも企業のいい宣伝になるでしょう。

最近はお菓子類の中にも健康を考慮した商品があります。大豆を利用した健康食品系のお菓子や、糖類を利用していないゼリー、カロリーが抑えられたクッキーや油を利用していないポテトチップスなど色々な商品があります。

こうした商品なら生活習慣病が気になるお父さんも、カロリー制限したい奥様、娘さん、栄養素をしっかり取りたい成長期の息子さんなどにもありがたい販促品となるでしょう。

未分類


性別、年齢を考慮した販促品選び

Posted on 17.1.6 By

女性と男性では興味を持っている健康食品に違いがあります。生活習慣病や日ごろの運動不足が気になっている男性は、サプリメントや青汁、ウコン系の健康食品に興味を持っていますし、女性は健康食品の中でも美容系のものに興味があります。

男性の顧客が多いという場合、年齢層によって販促品とする健康食品を替えていくといいでしょう。若い世代の顧客が多いという場合には、燃焼系のサプリメントやビタミン、カルシウム、また筋肉疲労に効果があるサプリメントなどがいいでしょう。壮年層が顧客に多いという事なら、青汁や血糖値コントロールに効果がある健康食品、また黒酢やウコンなどが喜ばれます。

女性の美容系健康食品ならコラーゲン、ヒアルロン酸、コエンザイムQ10、カルニチンなどのお肌に効果的なサプリメントや、アンチエイジング世代は更年期の問題を抱えている方がおいので、女性ホルモン様作用があるサプリメントなど、使ってみたい、でも自分では購入しない健康食品です。これらの健康食品を、年代、性別などを考慮し使いわけてお渡しする事で、企業名や販売したい商品、サービスなどを印象付ける販促品となるでしょう。顧客の事を常に意識した商品を販促品として選択する事が重要なのです。

関連リンク-ノベルティ・名入れ販促グッズ・記念品の専門店 – ノベルティガレージ
└青汁も扱っているノベルティグッズ制作会社のサイトです。

未分類


欲しいけど自分では買わない健康食品

Posted on 16.12.20 By

世界の方々もそうですし、日本人もそうですが、今健康ブームです。日本では子供の肥満も問題となっていますし、働き盛りの突然死などの要因となる事が多い生活習慣病なども大きな問題となっています。生活習慣病が大きな病気を呼び込まないように、未病のうちにしっかり体調管理し、日々の食事や生活習慣を見直し、出来る限り病気にならない体づくりをしようと、権能維持のための行動が求められています。

食事を見直すといっても独身の方などは毎日外食やコンビニがどうしても多くなりますし、共働き夫婦が多いので、外食もお惣菜も冷凍食品も多くなります。気軽に時短で食べることができるファストフードも安くていいですが、こうした食事を継続していると、生活習慣病になってしまう方も多くなるのです。

現代の日本は脂質が多い食事になっているので、食事内容を見直す、足りない栄養素を補うなどの配慮が必要となるのです。そこで販促品に、健康食品を選ぶという企業が多くなります。販促品は今、顧客が興味あるもの、自分で購入するまで行かなくても、使ってみたいなと思うものを選ぶと喜ばれます。健康食品こそ、興味があっても本当に必要性を感じないと自ら購入しない商品、でも欲しいなと思う商品の代表格です。

未分類


販促品と健康食品

Posted on 16.12.8 By

販売促進を行う事は企業や店舗にとって当然のこととなっています。商品を知ってもらう、という事を考えると、商品を手に取ってもらい実際に使ってもらい、利用された方の印象に残る手段が必要です。そこに利用されるのが販促品です。

最近、お菓子や食品類にちょっとしたおまけがついていることが多いです。その企業が出した新しい商品の試供品がくっつけられているのですが、この試供品を食べてみてこれはおいしいから購入しようという気になる人も多いので、こうした食品類にくっつけるおまけも、販促品という事になります。

何か商品を購入する時、おまけがついているものとついていないものなら、ほとんどの方が迷わず、おまけがついている方を選択するでしょう。どうせ購入するなら得をする方がいいと考えます。ちょっとした商品がついていると、同じような商品でメーカーが違うという場合、おまけ、販促品がくっついているメーカーの商品を選択される方がほとんどです。

ビールや発泡酒、缶チューハイなどにも販促品がくっついていることが多いです。それをふと見ると、例えばお酒を飲む方に飲んでほしい肝臓にいい健康食品とか、ナッツ類でも利用する油をヘルシーなものしてある健康を考慮したおつまみだったり、色々な販促品がおまけとなっています。

また販促品そのものにも、健康食品を利用する企業や店舗が多くなっています。普段利用しない商品を貰っても利用しないで終わってしまうけれど、販促品が健康食品ならちょっと使ってみようかな?という気持ちになる事を、企業は理解しているのです。もらう側としても、健康食品をくれるなんて体の事を考えてくれているのね・・・なんて嬉しくもなります。

当サイトは、販促品に多くなっている健康食品についてスポットを当てました。企業が販促品を選ぶとき、もらった側が喜ぶ健康食品とはどのようなものか、当サイトで知っていただければ幸いです。

未分類